鮨 福元

「ristorante KURODINO」丸山 考一 おすすめ「鮨 福元」

「リストランテ クロディーノ」のおすすめの一品は“cacio e pepe(カッチョエペペ)”。お店のオープンからの看板メニューなんだそうです。

作り方は、フェットチーネの麺をバターとパルメザンチーズで和えるだけという非常にシンプルなもの。
シンプルだからこそ、水分量やチーズの絡め具合などがとても難しいとのこと。

パルメザンチーズはブロックで取り寄せたものをお店ですりおろしており、ワンランク上の味わいを生んでいます。レストランの料理を食べ慣れている人ほど、シンプルな美味しさの“カッチョエペペ”を喜んでいただけるそうです。

丸山さんが「プロの料理人であり、プロのサービスマンがいる」と語るのは、下北沢にある寿司の名店「鮨 福元」。檜のカウンターが特徴のお店です。

お寿司はもちろん会話も楽しませてくれるお店の雰囲気がおすすめとのこと。丸山さんは「一口の寿司の中に様々な工夫を感じることができる」と語ります。

一時期お寿司にはまり、いろいろなお店を食べ歩いたという丸山さんが最終的に行き着いたお店が「鮨 福元」。ついつい足を運んでしまう魅力が溢れたお店です。

シンプルだからこそ技術と思いをその一口に込める。その考え方は「リストランテ クロディーノ」も「鮨 福元」も変わらないのかもしれません。どちらもおいしいだけでなく「また訪れたい」と思わせるお店に違いありません。

ごちそうさまでした。




鮨 福元 (すし ふくもと)

住所
東京都世田谷区代沢5−17−6地下一階 地図
電話番号
03-5481-9537
営業時間
[月〜土]18:00~23:00 [日祝]17:00〜21:00
定休日
水曜日
アクセス
小田急線京王井の頭線 下北沢駅から徒歩5分



URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top