やじ満

「LE BOURGUIGNON」菊地 美升 おすすめ「やじ満」

フランス語で“ブルゴーニュ風”を意味する店名「ル・ブルギニオン」。オーナーシェフの菊池美升さんは、フランス修業時代の4年半、後半に過ごしたブルゴーニュで、料理人としての楽しさをようやく実感できたのだそうです。
「ブルゴーニュで楽しい時間を過ごせたように、お客様にもレストランを楽しんでもらいたい。そんな思いから『ル・ブルギニオン』という名前にしました」
こちらで味わえるのは基本的にクラシックなフランス料理。「しっかりとしたソースがある料理はワインが欲しくなりますし、ワインと会話を楽しんでもらえるようなお店づくりを心がけています」
ブルゴーニュでは時間があればワイナリー巡りをしていたという菊池さん。ブルゴーニュワインと料理のマリアージュを、そこから生まれる会話とともに楽しめるレストランです。

「ル・ブルギニオン」のオーナーシェフ菊池美升さんが築地に買い出しに行く際に、並んででも立ち寄るというのが築地のラーメン屋「やじ満」。

築地には場内、場外に寿司屋や魚屋などいろいろなお店がありますが、その中でも、カウンター10席程度の「やじ満」は、菊池さんが通っていて一番ほっとするお店なのだそうです。

「ニラ玉麺とシューマイ半個という注文の仕方があるんですよ。なぜかそこはシューマイ半個と注文するのですが、半個なのに二個出てくるんですよ。築地の昔ながらの頼み方なんだと思います。生姜焼き丼や味噌ラーメンなど、いろいろチャレンジしてみたいメニューもあるのですが、どうしてもニラ玉麺を頼んでしまうことが多いですね」

築地で働く人たちに愛されているという「やじ満」。冬には名物の「牡蠣ラーメン」が登場するそうですが、それでも菊池さんは相変わらず好物の「ニラ玉麺とシューマイ半個」を頼んでしまうのだそうです。

ごちそうさまでした。

※動画と記事,画像はインタビュー当時(2017/11/21)のものです。




やじ満 (やじま)

住所
東京都江東区豊洲6-6-1 7街区管理施設棟 3F地図
営業時間
[月〜金]5:00~
[土]9:30~
定休日
日曜日・祝日
アクセス
ゆりかもめ市場前駅から徒歩10分



URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top