分とく山

「西麻布いちの」清水 祐治 おすすめ「分とく山」

「日本料理は日本文化を垣間見れるもの」と、柔らかな物腰で語るのは「西麻布いちの」の料理長、清水祐治さん。
日本文化の粋を集めた料亭や懐石料理の世界に身を置き30余年、磨き上げた技術とセンスを惜しみなく一皿に注ぎ込みます。
「季節感や歳時も一緒に楽しんでいただきたい。その時季にしか使わない器を活かして、料理が自然な形で溶け込むように意識して盛り付けています」。
二十四節気とともに移りゆく旬の味覚と器の取り合わせもまた一期一会。節句にちなんだ演出や遊び心がさり気なく盛り込まれた一皿に、食べ手はほっこりとした気持ちにさせられます。
料理を通して日本の伝統文化の香りを感じさせてくれる清水さんがおすすめするお店とは?

「西麻布いちの」の料理長、清水祐治さんがおすすめするのは、南麻布にある日本料理「分とく山」。

いわずと知れた日本料理の名店です。ご近所さんでもあり、清水さんにとって身近な存在なのだそうです。

「店主の野崎さんは常に勉強されている方で、食文化の歴史や扱う食材一つ一つについても造詣が深い。食材のもつ特性を熟知し、その食材に適した火の入れ方をするなど科学的なアプローチをされています」。

常に前向きで探究心旺盛な野崎さんの姿勢をみて、「自分はこのままでよいのか」と自問することも。

「野崎さんは大先輩なのですが、エネルギーがすごい。私にとって“初心にかえらせてくれる存在”ですね。見習わなきゃいけないです」。

季節を映した一椀の景色もまたご馳走。清水さんが創り続ける目を奪われるような料理の背景にあるのは、日本の奥深い伝統文化と“初心にかえらせてくれる存在”なのかもしれません。

ごちそうさまでした。




分とく山 (わけとくやま)

住所
東京都港区南麻布5-1-5 地図
電話番号
03-5789-3838
営業時間
17:00~23:00(L.O.21:00)
定休日
日・年末年始
席数
40
アクセス
東京メトロ日比谷線4版出口から徒歩約4分



URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top