びのむ

「分とく山」野﨑 洋光 おすすめ「びのむ」

2018年5月、開業30年を期に装い新たにリニューアルオープンし、40年目へと向けて新たなスタートを切った南麻布の日本料理「分とく山」。
割烹料理の道で、並大抵ではない30年という期間、日本料理界を牽引してきた店主の野﨑洋光さん。長く続けられる秘訣は何なのでしょうか?
「当たり前のことを当たり前にこなしてきました。お客様に支持されてこられたのは“やり過ぎない”ということだと思います。最高のサービスは常にそのテンションが続けばいいんですけど、あまりやり過ぎても続かないんですよね」
世の中の情報や流行に流されず、当たり前のことを当たり前にというスタイルを貫きつつ、「温故知新。古きを訪ねて新しきを知るという、今の時代に適応しながら続けることも大事」とも語って下さいました。

「分とく山」の店主 野﨑洋光さんが大切な人をお連れしたいときに利用したいのが、お店から歩いて行ける距離にある、おでんとワインのお店「びのむ」。

西麻布の路地にある、民家のような佇まいに小さな看板が一つだけ灯る隠れ家レストランです。

野﨑さん曰く、「びのむ」で味わえるのは、従来のイメージとはかけ離れた“進化したおでん”。

「例えば、フルーツトマトにバジルのソースが乗っている。普通ならイタリア料理の味になってしまうところなのですが、ちゃんと和の味なのです」

料理長の野尻晴雄さんは和食とフレンチの両方を経験した方。鍋前でも派手に見せることもなく何気なく仕事する野尻さんに、野﨑さんは品格や技術の高さを感じるのだそうです。

「飾った味ではない。サービスも無理がなくスマート。心地よい空間と心地よい料理で十分だと思いますね」

「びのむ」のおでんは“技術のある煮物料理”と語る野﨑さん。伝統と進化が見てとれる「びのむ」のおでんは、一つ一つの素材の味が生かされた逸品揃い。野﨑さんは“連れて行きたいと思う人”とこっそり訪れているのだそうです。

ごちそうさまでした。




びのむ

住所
東京都港区西麻布4-8-6 地図
電話番号
03-5980-8252
営業時間
17:30-22:00(最終入店)24:00位迄
定休日
日曜日・祝祭日
席数
1階:6(カウンター)、2階:8(個室2部屋、最大6名)
アクセス
地下鉄日比谷線 広尾駅 4番出口より徒歩5分
ウェブサイト
http://www.oden-vinum.com



URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top